うつ病アレルギー反応説と低血糖症 | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

うつ病アレルギー反応説と低血糖症

うつは炎症によって引き起こされ、抗炎症剤を投与することで、改善するという研究結果がでたとのこと。

現代で悩まされている様々な疾患の多くは、炎症反応によるものがほとんどである。

炎症を促進する物質プラスタグランジンE2は、血糖値が上昇し、インスリンが分泌されることで、生成されます。

過度の糖質摂取によるものが安易に伺えます。

また低血糖症自体が鬱と同じ症状を引き起こすことが多々あります。

 

 

以下参照ください。

http://www.jbbardot.com/discovers-depression-inflammation/
(概要)
1月6日付け

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ