ダイエットの為に重要『GI値』について | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

ダイエットの為に重要『GI値』について

もう定着しつつある言葉ではないでしょうか。 『GI値』

このGI値を意識した食事をすることで、

 🙂 太りにくくなる

 🙂 同じ量を食べても痩せる

こんな結果になります。

細い人と太い人

 

GI値とは・・・

GI値とは

グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略

その食べものが体内で糖に変わり血糖値が上昇すスピードを計ったもの。

 このGI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンというホルモンの分泌が抑えられます。

その、『インシュリンの分泌を抑えられる』これがダイエットのポイントになります!

ちなみに、だいたいですが、100がMAX高いです。

低ければ低いほどいいです。

GI値が低い食べ物

ではどんなものがあるか!?

結構いろいろあるんです。

イメージでお伝えすると

『甘いお菓子・炭水化物が高く、体によさそうなものが低い』といったところでしょうか。

ざっくりとピッアップしてみました。

GI値

とりあえず砂糖はやばいです。

本当にダメです 😯 

コーラ350mlの缶では砂糖が40g(角砂糖10個分)も含まれます。

そんな砂糖の量、普段コーヒー紅茶には入れませんよね。

GI値を高くキープしすぎると、普段から無駄にインシュリンも出るようになるそうです。

インシュリンを出す臓器もへたばります。

GI値が低いと太りにくい理由

インシュリンが出て血糖値が下がる時、どのように血糖値が下がるのでしょうか?

血液の中の糖分を体内に蓄える為です。

結局、血液の中の糖分が自分の身体の中に入ってくるわけです。

体内に入った糖は適宜必要な時に使われたり、また貯蓄したり、を繰り返しています。

余り過ぎて蓄えられなかった糖分は血中にたまっていき、いきつくところは『糖尿病』となります。

なので、よく甘いものを食べると太るといいますが、その通りですね。

太りたくない人は食べ方を工夫しましょう

□食事の初めにGI値が低いものを食べてから徐々にGI値が高いものを食べる

□GI値が高いものを単発で食べない

□付き合いで食べているおやつはやめる

□甘いおいしいおやつを食べたい時はいいものをいいタイミングに楽しみにして食べる♪

いかがでしょうか^^

夏本番、ボディライン崩れないようにして行きたいものです

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ