五蔵六腑:心について | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

五蔵六腑:心について

今回は五臓六腑:心(しん)」についてです!!

手の少陰心経

東洋医学

五臓六腑:肝については、こちらをチェック

心(しん)の働きは、神志血脈をつかさどる!!

神志とは・・・思考や記憶(意識)と精神の事!

血脈とは・・・血の流れ道の事!

心(しん)は、前回ご紹介した肝の蔵血作用の決定にしたがって全身に血をめぐらせています。

また、意識と精神も重要で、心(しん)と脳は強い結びつきがあります。

 

ですので、心(しん)が弱ってしまうと・・・・・

全身に血をめぐらすことが出来なくなるので、顔色は青ざめ、唇は紫色になっちゃいます。

血をめぐらせないと心(しん)は無理をして強く動こうとするので、動悸・胸痛・不整脈といった症状がでます(-_-)

他には、脳が思い悩み精神が休まらなくなると、不眠・多夢になり、意識がコントロールできなくなると、落ち着きがなくなり狂躁状態になったり、物忘れが増えます。

また、心(しん)は舌・汗と結びつきが強いです。

舌で言えば、味覚障害や発語障害があらわれ、

汗は何もしていないのに大量の汗をかいたりします。

 

じゃあ!!こんなのが思い当たる人は!!!

 

やはり、心(しん)を思い悩ませるものは、現代社会では切っても切り離せられないストレスです(´;ω;`)

現代社会でストレスを感じない生活は無理だと思います。正直、、、(-_-)

でも、減らすことは可能です!!!

 

ストレスは、何も精神的なものばかりとは限りません。肩こり腰痛・足のダルさもストレスになります!

体の負担になります!

みなさん、解消しましょう\(^o^)

もちろん、精神的なストレスも減らせます!

最近、やる気が出ないな~って、思われる事があると思います。

そんな事を思うのは、今まで頑張ってきた自覚があるからです!!

きっと、やる気が出ない時は充電中なんです(^o^)

考え方を少し変えるだけで、気が楽になるもんです!

 

また、心(しん)は喜びの感情と関係してます。

適度な喜びは心(しん)の状態を良い方向に向けてくれます。日々の生活の中で、「なんか、今日は寝起きスッキリしてたな」でも「今日は、スムーズに仕事をこなせたな」でも。なんでも良いので小さな幸せを発見することから始めてみては、いかがですか!?(^^)

 

他に、東洋医学では

「キビ」「羊」「らっきょう」「杏」が食べ物として

心(しん)に良いと言われます。

「キビ」は、亜鉛が精白米の約2倍、食物繊維・マグネシウム・鉄などは約3倍。心(しん)の血を巡らす作用に良いです。

「羊」は、低コレステロールであり、コレステロールを下げる(血管の詰まり・動脈硬化予防)不飽和脂肪酸を含みます。

「らっきょう」には、血液サラサラ作用、「杏」にはなどミネラル類が多く含まれます。

 

なかなか、取り入れられない食べ物もあるかと思いますが

それぞれの栄養素を見て頂ければ!!、、、

少しは、参考になるかと思います\(^o^)

 

心(こころ・精神)に負担をかけない生活を送ることは

なかなか難しいことだととは思いますが、何らかの手助けになれれば嬉しく思います。

 

ダラダラと長文になってしまいましたが、

最後まで読んで頂き、ありがとうございました\(^o^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
佐久間 鴻
若輩者で至らない点もあると思いますが、お客様の声に耳を傾け精一杯がんばります! 何卒、宜しくお願い申し上げます。 《資格》 ・厚生労働省認定 はり師きゅう師 ・デトックス研究所認定セラピスト ・日本アロマセラピー統合医学協会アロマセラピスト

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ