体質改善とはよく言うけれど??【冷え性】 | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

体質改善とはよく言うけれど??【冷え性】

『体質改善しましょう』 『体質改善するための〇〇』 良く耳にする言葉です。

実際美脚職人にお越し下さる方へのカウンセリングでは体質改善の希望をお聞きしています。

ですが、『そもそも私の体質、そんなに悪いの!?』 と思われたことはありませんか?

私はあります。 未だにあります。だって健康だし、

風邪もひかないし、

何も困っていない

ですが、お客様の答えはおおよそ 「本気で取り組みたい」「気軽に取り組みたい」です。 世の中の方は

『何かしら体質改善をした方が良い』

と思ってらっしゃるのですね。

そこで、世の中で謳われている体質改善とは?

それを踏まえて実際に体質改善とは必要なのか? 以下にまとめました。

参考にして頂けると幸いです。

『体質改善」を調べると、 「食事・運動・服薬などの方法によって、体の性質を変えること。」 と出てきます。

一般的には何か困っていることがあって、その原因はもともとの体質にあり、 その体質を改善することで身体をよい状態に持っていこう、という試みかと思います。 「困っていること」は、何かしら体調不良がある、ダイエットが進まない等々美容面から健康面まで様々ですね。  

今のままでも十分健康だ、と冒頭に書きましたが、人には生まれ持った体質があり、より良くするための行動、と考えれば大変前向きでよいことですね。

今回は冷え性・低体温について、美脚職人での考えをお伝えしたいと思います

「冷えは万病の元」と言われています。

50年前は36℃後半あった日本人の平熱は現在0.5℃以上下がって36.2℃程だそうです。

36.5℃あるのが最低限の理想ですが、現代は低体温の人が多く、美脚職人でも平熱をお伺いすると35℃無いという方までおられます

それは美容にも身体にも悪いです

決してあなたのせいではありません。

今は季節を問わず、人工的な風が私達の身体に吹きつけられ、運動量も減り、知らず知らずのうちに身体が冷えています。毎日分厚い靴下を履いていたのではオシャレも制限されますよね。

日頃、少しの習慣を見なおせば、改善されることが多々あります。

早ければ早いほど効果を感じやすでしょう。

忙しい毎日、ついつい身体の為になることは後回しにしがちだとおもいますが、出来ない時はできないで良いのです。習慣づいたことが身体の為、美容のためになっている、そんなに一石二鳥なことはありません。

日から始めませんか?身体のための低体温対策

1個からでも2個からでも。

冬の暖房器具は「遠赤外線効果付き」

:遠赤外線は身体の中から温めてくれます。これが手っ取り早いです!暖房器具を買うときには遠赤外線効果があるものをチョイスしましょう!

コーヒー紅茶などカフェイン入り飲み物は控えめに

:カフェイン入りの飲みものは血管を収縮させ、冷えます。緑茶も冷えます。。結構美味しいものですよ!ノンカフェインも

一日の終りにのお風呂は湯船に浸かるがマスト入れない時は足を温める工夫を

:足を温める工夫は足湯がベストです。(靴下等はあくまで熱の放出を下げてくれるのみ)遠赤外線効果のあるものに当てるのもよいでしょう。夏でも冬でも、お風呂は大事です。

これらを意識するだけで、全然違ってきます。

行動中には是非身体が体内から温まっていることを感じて下さい。

 

「さむっ」って思った日、「今日は冷えたかも」と思った日、そんな日は一日の終わりにゆっくりご自身の身体を温めいたわってあげる時間を作りましょう。

自分の身体は自分しかつくれません。

身体が温まると言われているしょうがを日頃から摂るのもよいでしょう。(私はしょうがパウダーを持ち歩き、飲み物に入れます)

足先や首元などは露出しないように工夫することで身体の熱が放出されないよう、靴下やマフラーは一役買ってくれるでしょう。

いい塩、いい野菜、適度な運動、あと何十年も頑張ってもらわないといけない身体に、程よいバランスを習慣づけてあげましょう。

この記事を読んでくださったのがご縁です。

是非ぽかぽか女子をめざしましょうこんないいことあります

 

 

美容面でのメリット:「顔色が良くなる」「新陳代謝がよくなり美肌になる」

健康面でのメリット:「風邪を引きにくい」「がん予防になる」(ガンは35℃台が好きだそうです)「元気で活動的になれる」

身体がぽかぽか温かくいると、優しい人にもなれるかもしれません。

「身体が冷えないために気をつけていることがある」そんな健康女子いいですよね

体質改善はそんなに難しいことではありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ