子宮内膜症(チョコレート嚢腫)が治った例 | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

子宮内膜症(チョコレート嚢腫)が治った例

子宮内膜症

そもそも子宮内膜というのは、子宮の中の、あるべき場所にあるものです。

その細胞が、あるべきところではないところにできることをいいます。

そのあるべきところではない場所というのは子宮の中にできることがあります。

子宮の外にもできることもあります。

一般的に内膜症は月経困難症の原因になりますし、辛いですよね。

本来あるべき場所以外にできた内膜は、簡単に言えば傷口と思えばよいそうです。

また、女性ホルモン量に左右されることから、生理の周期により傷口がじゅくじゅくしたり出血したり、要は炎症を起こしている状態だそうです。

治そうとする過程で周りの組織と癒着したり、でひどくなっていくようです

子宮内膜症好発部位↓

子宮内膜症好発部位

子宮内膜症の種類(子宮内膜症協会より)

 

腹膜子宮内膜症

腹膜や臓器の表面に発生する、最も基本的な内膜症です。

 

卵巣チョコレート嚢腫

卵巣の中に子宮内膜が増殖し、血液の塊となります。

血液の塊はチョコレートのように見えることから、チョコレート嚢腫と名づけられました。

こんな感じです。

大きいと4~5㎝となり、生理時に生理痛がひどく出ることから、西洋医学の病院ではピルや鎮痛剤の処方、

大きくなると手術の勧めもあります。ただ、手術しても再発する率が高いそうです。

チョコレート嚢腫

 

 

 

 

 

深部子宮内膜症

特殊な位置(ダグラス窩)にできる為処置困難と思われています。

子宮線筋症

子宮の中なのですが、筋層内にできてしまう種類です。

子宮自体大きくなることもあり、貧血の原因となるようです。

多臓器子宮内膜症

遠隔の臓器にできている場合で、肺にできてしまった場合は生理の時に喀血(血を吐く)こともあるそうです。

子宮内膜症の治療【西洋医学と東洋医学の違い】

東洋医学の観点から、良くするように努力する、という努力のご提案をしたいと思います。

今回はわかりやすいチョコレート嚢腫の治療方法について。

西洋医学の考え

先述した通り、西洋医学の病院では

原因不明なので、女性ホルモンの影響で悪くなるのだから女性ホルモンをコントロールしてしまおう、という考えです。(ホルモン剤の投与、生理さえコントロールします)

また、生理痛は痛み止めで止めて、辛い時期を乗り越えましょう、という考えです。

大きくなれば、再発リスクはあるけれでも取ってしまいましょう。(そうすれば数か月は楽なはずです、てな感じでしょうか)

原因は考えず対症療法のみです。

東洋医学の考え

チョコレート嚢腫は血液の塊です。

血液がどろどろ溜まることは東洋医学では「於血(おけつ)」といいます。

東洋医学の治療方法としては、「於血」を治そうとします。

とあるクリニックさんで素晴らしい結果を発見しました。

4.6㎝あったチョコレート嚢腫が於血の治療漢方薬を飲むだけで、10か月後には消失したというのです。

西洋医学の治療を一切せずです。

きちんと画像付きでHPに載せられています。

西洋医学の先生でした。素晴らしい先生ですね

結論

全員に必ず効く、とは限らないですが、

原因を考え、そちらの治療に取り組むほうが良いと思いませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ