将来の妊活の為のお勉強しませんか? | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

将来の妊活の為のお勉強しませんか?

先日ご紹介したデトックス研究所で行われている妊活セミナー

 8月21日(日)に超専門的な講師の先生が来て下さり、セミナーをして頂き、受講してきました。

「妊活」といえば、最近では芸能人の記事も多くなっていることから、なじみやすい言葉になりました。

「不妊治療専門の病院に通っている」

「妊活の為に仕事を休む」

割と日常的に目にするようになった言葉ですね。

8月21日はその道40年、鍼灸師の先生の講義を受けることが出来ました。

「不妊治療」といえば、病院に行くのが一般的となっていますが、鍼治療などの東洋医学の力はすごいんです!

見方によれば、病院によっては体外受精のやり方もある意味凄いんです。(以下、一例)

病院(西洋医学)と東洋医学の不妊治療の考え方

病院(西洋医学)

「女性ホルモンがどの程度出るかわかりませんから、ご自身のホルモンは全てストップさせ、薬でコントロールします」

「卵子と精子の受精は病院で(無理やり)させます。体内にはない液体(培養液)で、赤ちゃんの原型まで身体の外で育て、育ったら子宮に戻します」

そういうことが標準です。

とっても人工的に感じますが、高度不妊治療はその技術で、多くの方に抱けなかったかもしれない赤ちゃんを抱かせてくれるようになりました。

東洋医学

「赤ちゃんの卵がよく育つように、お腹への血流を増やしましょう」

「赤ちゃんが住みやすいように、温かい子宮内環境を作りましょう」

そういうことが標準で、その手段として鍼やお灸、漢方薬があり、あくまで自分の身体のサポートになります。

・・・・どう感じられましたか?

両方同時にしたらいいんじゃないか😲?

そう思われませんでしたか?

そうなんです!それが一番いいと思うんです。

病院(西洋医学)にかかりながら東洋医学を利用する

ただ、金銭的なことが問題です。

鍼も漢方も、きちんと通おうと思えば月に何万円もかかってきます。

「体外受精をする」には100万級のお金を用意する方も多いと思いますが、

そこに加え、東洋医学の取り組みをしっかりする、となれば毎月5~6万では足りないかもしれません。

今は銀行のフリーローンも不妊治療の為に借りることができるようです。

いずれ返さなくてはなりませんが・・・

「今しかできない未来への投資」に金銭的な問題が引っかかるのは辛いですよね。

でも、必ずうまくいくとも限りません。

できるだけ後悔のないようにしたいものです。

その道40年、ベテラン鍼灸師の先生が教えてくれた妊活で大事なこと

●東洋医学における男女の成長発育の過程でその時々の成長をしっかりする

●妊娠に関する経絡(けいらく)を整える

●不妊の原因と考えられる要因

●とにもかくにも身体(特に子宮)を冷やさない

●食事の大切さを知る

●四季に合わせた養生をする

これらのことを教わりました。

さすが中国4000年の歴史です😮奥が深かったです。

特に興味深かったのが「不妊の原因と考えられる要因」です。

不妊の原因と考えられる要因~東洋医学と西洋医学の捉え方~

「子宮筋腫」「卵巣嚢腫」「子宮内膜症」

聞かれたことある病気名だと思います。

西洋医学ではこれらが別々の疾患として挙がってきて、それぞれの治療方法があります。

ですが、東洋医学では、これらの原因は全て同じ体質らなっていることだそうです。

すなわち、原因は同じでも、症状が出てくる場所が違うだけ。。。

どう思われましたか?

「子宮筋腫を取る」「卵巣嚢腫を取る」

そういう治療より、そもそもの原因を断つ方がよさそうです。

時間があれば・・・

そう、時間さえあれば、じっくり自分の身体と向き合い、しっかり自分の身体を整えておけば、

妊活なんて言葉は存在しなかったかもしれません。

どちらにせよ、あまりにも忙しい現代、夜更かしをする現代、

男性並みに有能で働く女性が多い現代・・・

「もう時間がない!」という状態で妊活に入るにはあまりにストレスが多すぎます。

いざという時の為に、知っておくと将来助かることは多いと感じました。

ご自身の為に、お客様の為に、妊活アドバイザーという資格も取れます。

詳しくはこちらへどうぞ。

http://detox-lab.info/?P=279

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ