熱中症対策 | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

熱中症対策

梅雨があけてから厳しい暑さが続きますね。

毎年この時期になると熱中症で倒れたなんていうニュースをしばしば耳にします。

一言で熱中症と言っても、症状は様々であります。

症状によって、熱疲労、熱痙攣、熱射病、熱失神に分けられ、これらを総称して熱中症といいます。

よく聞く熱射病というのは熱中症の中の一つだったのです!

今回は以前書いたお塩のテーマと関連付けて書いていきたいと思います。

 

過去の記事↓

【天然塩と精製塩について】

なぜ塩分が必要なの?

よく熱中症対策に水分と共に塩分を補給しましょうと言いますが、これは大量の発汗により体のナトリウムが失われてしまうからなんです。

人には血中のナトリウム濃度を一定に保とうとする性質があります。

ちなみに健常者のナトリウム濃度は約0.9%です。

大量の発汗によるナトリウム濃度の減少により懸念されるのが

低ナトリウム血症という状態に陥ることです。

主な症状としては倦怠感、吐き気、嘔吐、めまい、頭痛、けいれん、意識障害などがあります。

体はナトリウムの血中濃度を一定に保とうとする働きがあるので、大量に発汗してナトリウムを失った状態で水分のみを摂取すると、さらにナトリウム濃度は薄まり、体は逆に水分を出そうと働きます。

結果、水分を出しすぎて脱水症状にもなる場合もあります。

お水だけ頑張って飲んじゃってる方って結構多いのではないでしょうか叫び叫び

また、汗と一緒に出てくのはナトリウムだけでなくマグネシウム、鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラルも出ていきます。

これからより一層汗のかきやすい時期になりますので、特に運動する時やアウトドアの遊びをする時は、水分と一緒にナトリウムをはじめとするミネラルの補給も心がけましょうビックリマーク

飲水にひと工夫で簡単熱中症対策

①飲水にお塩を入れる

お塩入れる時は1Lあたり2g程度(ティースプーン半分)でオッケーです!

②硬水に変えてみる

硬水は軟水に比べミネラルが多いので、味が苦手でないという方にはオススメです!

硬水と軟水については過去の記事をご覧下さい↓

【硬水と軟水について】

塩のテーマでは毎度恒例の「天日海塩お塩ちゃん」もおすすめですよ♪

天日海塩

天日海塩

天日海塩お塩ちゃん~一度も火を入れない生のお塩~

美脚職人も毎年恒例のBBQの為に来週海へ行くので、熱中症対策しとかないとあせる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
土本 将永
勉強中の身ではありますが、お客様にご満足頂ける様、精一杯気持ちを込めて施術します! どうぞよろしくおねがいします! 《資格》 ・デトックス研究所認定セラピスト
土本 将永

最新記事 by 土本 将永 (全て見る)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ