猛毒?!サランラップ/クレラップ/ダイアラップを選ぶ基準 | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

猛毒?!サランラップ/クレラップ/ダイアラップを選ぶ基準

食品を保存する上でラップは便利なので、日常的にお使いになっていると思います。

サランラップ/クレラップ/ダイアラップと各社様々な商品名で出ています。

パッケージやカッターが違っていて、中身は一緒だと思ったら大間違い。

中には毒性が強いラップも存在します。

 

そこでどうせ使うならば、できるだけ毒性の低いものが良いということで。 ラップの選び方をお伝えします。

答えから申しますと、箱の表示をしっかり確認すること!

 

 

ラップの箱の表示に「ポリ塩化ビニリデン」と書いてあったら、要注意!

これには「ノニルフェノール」が使われている可能性が大きいからです。 「ノニルフェノール」は、環境ホルモン様物質(※)の一種です。

乳がんなどのリスクが高い物質として有名です。

※環境ホルモン様物質とは、その物質が体内に入り込むと、自らが出してもいないのに、内分泌ホルモンと同じ働きをしてしまう物質です。

ラップの表記には、

・塩素系(ポリ塩化ビニリデン、プリ塩化ビニル)と、

・ポリエチレン系です。

 

ラップは必ず、 「ポリエチレン」 と表示されているものを!   ラップを買うときは、必ず、箱の裏の表示をみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ