腸内フローラ | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

腸内フローラ

美脚職人 土本です

今回も腸内環境のお話。

前回の記事「腸内細菌の話」

今回は腸内フローラができる過程のお話です。

腸内では100種類以上の菌が100兆個以上存在し、様々な働きをしています。

※数には個人差あり

しかしこれらの菌は始めから腸内に定着していた訳ではありません。

元々赤ちゃんは無菌の状態で生まれてくるのです。

そして生まれてから、呼吸をしたり、母乳を飲んだり、様々な物に触れる事でどんどん菌を取り込んでいきます。

例えば生まれてくる時には必然的に膣内にいる細菌と接触するので、それが体の中に入ってきます。

先ほど生まれてから増え始めると言いましたが、正しくは生まれる最中から様々な細菌と接触してコロニーを形成していくのですね。

膣内は悪い細菌の侵入や増殖を防ぐ為に酸性に保たれています。

その状態を保てるのは、膣内にいる細菌のお陰であり、そのような細菌が赤ちゃんに早い段階で住みつくことで、赤ちゃんの免疫力に関わってきます。

例えば乳酸菌の1種であるデーデルライン桿菌(かんきん)は乳酸を作り出し、膣内を強い酸性に保つことで、悪い菌から守っています。

授乳期の赤ちゃんの腸内は母乳から得た善玉菌の一種であるビフィズス菌がかなりの割合を占めています。

離乳期が始まると母乳以外のものを口にするようになるので、この辺りから徐々に腸内細菌のバランスが変わってきます。

食事によって腸内細菌のバランスは整えることはできますが、生後6ヶ月~10ヶ月までの間どれだけ多くの菌に触れてきたかによって、その子の持つ腸内細菌の種類が決まってくると言われています。

近ごろは何でもかんでも殺菌消毒しがちですが、やり過ぎてしまうと子供が菌を獲得するチャンスを奪ってしまう事になります。

また菌に触れることで免疫機能も発達していくので、病気になりにくい体にする為にも、生後からの菌との接触はとても重要な事なのです。

赤ちゃんを抱いたりして触れ合うことは菌を与える為の大切な役割をもつので、お母さんは赤ちゃんとしっかりスキンシップをとりましょう!

↓このように↓(写真:美脚職人オーナーセラピスト「パール坂本」とその息子「たかふみ君」)

スキンシップ

スキンシップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
土本 将永
勉強中の身ではありますが、お客様にご満足頂ける様、精一杯気持ちを込めて施術します! どうぞよろしくおねがいします! 《資格》 ・デトックス研究所認定セラピスト
土本 将永

最新記事 by 土本 将永 (全て見る)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ