表在リンパ管と深部リンパ管 | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

表在リンパ管と深部リンパ管

リンパが流れる管には大きく分けると表在リンパ管と深部リンパ管とに分けられます。

表在リンパ管とは皮膚直下や脂肪の間に流れてるリンパ管のことで、毛細血管のように細く非常にデリケートです。

それらの細い管が集まってくるのが、体のさらに奥にある深部リンパ管です。

この2つの管の違いは太さや流れる場所だけではなく1つ決定的な違いがあります。

それは逆流防止弁の有無です。

深部リンパ管には弁がありますが、表在リンパ管には弁がありません。

 

リンパマッサージをする際はこのように2種類のリンパ管の特徴を把握した上で、自分が今どちらの管に対してアプローチしているのかを考えながら施術しなければなりません。

表在リンパ管の場合は逆流防止弁がないので、流す方向に注意が必要です。リンパの流れる方向と逆に流してしまった場合、その施術は意味のないものになってしまいます。また、細くデリケートな管なので、力の入れすぎにも注意が必要です。正しい方向に向かって撫でる程度の力加減で問題ないでしょう。

逆に深部リンパ管は体の奥を流れているので、ある程度の圧が必要です。これは強く押すという意味ではありません。

リンパ管のまわりにある筋肉などに圧をかけて、間接的にリンパに圧がかかるイメージです。

 

このようにリンパ管の種類によってアプロ-チの仕方が全く事なるので、施術をする際は意識しましょう(^^)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
土本 将永
勉強中の身ではありますが、お客様にご満足頂ける様、精一杯気持ちを込めて施術します! どうぞよろしくおねがいします! 《資格》 ・デトックス研究所認定セラピスト
土本 将永

最新記事 by 土本 将永 (全て見る)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ