軟水と硬水 | 大阪心斎橋脚痩せリンパマッサージエステ|美脚職人

軟水と硬水

軟水と硬水とは?

私達が普段飲んでいるお水にはマグネシウムイオンやカルシウムイオンが含まれています。

よく軟水・硬水なんて言葉聞きますよね。

これらがどう区別されているかというと、カルシウムイオンやマグネシウムイオンの含有量なのです。

水1Lに含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表した数値を硬度と言います。

具体的には硬度が120mg/l以下で軟水、120mg/l以上で硬水として区別しています(WHO基準)。

日本のお水は殆どが軟水なので、日本人が硬水を飲んでみると結構味に違和感を感じるでしょう。

それぞれの味を言葉で例えるなら、 軟水は「まろやか」「さっぱり」という言葉が用いられます。

逆に硬水は「重い」「苦い」なんて言われたりします。

ちなみに私が初めて硬水を飲んだ時に思ったのが、まさしくこの通りでした。

マグネシウムイオンが多いからか「鉄っぽい」とも感じました。

正直美味しくなかったです(笑)

普段の飲みなれていない我々日本人はまず硬度の低い硬水から徐々に慣らしていった方が良いかもしれませんね。

 

軟水と硬水どっちが良いの?

内容的には硬水のほう方がミネラル豊富で良いとでしょう。

特に現代人は食事の偏りから、ミネラル不足になりがちですからね。

ミネラルの必要性についてはコチラから↓

ミネラルはいるのか、いらないのか

只し、マグネシウムは摂り過ぎは胃腸を刺激を与えてしますので胃が弱い方は注意が必要です。

また、便を柔らかくする働きもあるので、特に便秘でもない方は下痢などに見舞われる可能性がああります。

自分の体調・体質を把握した上で飲むのかを判断するのが良いでしょう。

ミネラルは海藻類等、食からも補給出来ますので無理に飲む必要もありません。

健康はまず良いお水から!

皆様も硬水と軟水を使い分けてみてはいかがでしょうか(^^)?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
土本 将永
勉強中の身ではありますが、お客様にご満足頂ける様、精一杯気持ちを込めて施術します! どうぞよろしくおねがいします! 《資格》 ・デトックス研究所認定セラピスト
土本 将永

最新記事 by 土本 将永 (全て見る)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ